第235回例会 (支部創立25周年記念例会)「ディープな銀座を巡るPart2」を実施しました

気温が上がったり下がったりする今年の異常気候ですが、曇り空で季節相応の気温の日、2019年の最終例会に36名の元気な会員が集合しました。

社友会東京支部は今年創立25周年を迎え、記念講演、記念誌の発行、記念ホームページの開設など種々の記念行事を実施してきましたが、歩こう会としても25周年の記念になることを実施したいということから、会員各位に「25周年記念バッチ」を作成して会員全員に配布することにしました。出来上がったバッチはこの日の参加者に渡しましたが、参加されなかった方には後日お渡しすることにしています。バッチを受け取った会員からは「すばらしい」「立派なものができた」と称賛の声が多く寄せられました。

歩こう会会員に配布した記念バッチ

さて、本日の例会は、世界に通用する一流のブランドショップや有名店ばかりというイメージの強い場所ですが、そのような銀座ではなく、裏通りの銀座を歩く企画です。昨年12月には、銀座5丁目から8丁目を歩きましたが、今回はPart2ということで銀座4丁目から1丁目を歩きます。

例会実施日  2019年12月21日(土曜日)
例会参加者  36名
“第235回例会 (支部創立25周年記念例会)「ディープな銀座を巡るPart2」を実施しました” の続きを読む

第234回「今注目のJAXA、見学ツアー」実施報告

はやぶさ2」が地球へ約8億kmの長い帰還の途に就きました。
11月13日午前10時過ぎ、リュウグウの高度20kmの待機地点を離れ、18日頃にリュウグウの重力圏を脱出し、12月3日以降イオンエンジンを本格的に起動させて地球への帰還を目指します。約1年かけて地球付近までたどり着き、2020年11月~12月に小惑星「リュウグウ」の石や砂の入ったカプセルを地上に届ける見通しです。「地球誕生の謎」が解明出来る一助になると研究者の間では待ちどうしい来年の地球到着が期待されています。
この「はやぶさ2」の指令基地になっているのがJAXA宇宙科学研究所相模原キャンパスです。
今日は宇宙、ロケット科学に興味津々の会員23名が集まりました。

 

当日は今までの温暖な気温から一転一気に真冬の寒さが襲ってきましたが、元気な会員がJR横浜線「淵野辺駅」に集まりました。
今回は歩く「筋力」を使うより、考える「脳力」を鍛える例会となりました。
“第234回「今注目のJAXA、見学ツアー」実施報告” の続きを読む

10月例会「里山ガーデン&よこはま動物園ズーラシア」中止しました

秋を存分に楽しんで頂きたく企画しました10月例会
「里山ガーデン&よこはま動物園ズーラシア」は、超大型台風19号の
首都圏直撃のため、大変残念ですが「中止」とさせて頂きました。 “10月例会「里山ガーデン&よこはま動物園ズーラシア」中止しました” の続きを読む

第232回例会「お台場で最新科学を体験しよう」実施報告

健康歩こう会では参加して良かった、楽しかった、新しい発見があった、出来ない体験をすることが出来た、感動した。と思っていただけるコースを選んでいます。
9月例会は、レインボーブリッジを歩いて渡り、「お台場」という地域の名前にもなった、江戸幕府の「台場跡」を見学します。このあと、日本科学未来館で最新科学を体験していただくという日常生活を忘れて新たな体験をしていただくウォーキングをしました。

日本科学未来館前で集合写真

前日までの天気予報では、東京地方は雨になるとのことで、幹事一同、たいそう心配して、万が一の雨に対して、持ち込み弁当を許可してもらえる場所を探したりしました。しかし、朝方少しパラパラと降りましたが、集合場所に着いたら曇ってはおりましたが、雨は降っておらず、気温も暑くない、爽やかに感じるウォーキング日和となりました。
集合場所のゆりかもめ線「芝浦ふ頭」駅には、元気に23名の会員が集合しました。日本科学未来館の見学を楽しみにして、お孫さんを連れてこられた会員も居ました。今日は、日本科学未来館に入館した後、自由行動(流れ解散)となるため、次回以降の例会の案内も含めて柿本会長から先に説明がありました。 “第232回例会「お台場で最新科学を体験しよう」実施報告” の続きを読む

第231回健康歩こう会8月例会「のぼうの城の舞台・行田巡り」の実施報告

健康歩こう会では参加して良かった、楽しかった、新しい発見があった、感動したと思っていただけるコースを選んでいます。
今回、第231回目を迎えた8月例会は、先に映画化された「のぼうの城」の舞台をテーマに、歴史に名を留める行田市(ぎょうだし)を巡りました。
田市は、埼玉県北部にある人口約8万人の市で、市制70周年目を迎えています。旧・武蔵国埼玉郡(さきたまぐん)、大字埼玉(さきたま)は古くは万葉集にさきたまの津という記述があり、風土記にも武蔵埼玉郡(さきたまごおり)、とあるように、「埼玉県」(さいたまけん)という地名の発祥地でもあります。「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が日本遺産に認定されました。映画『のぼうの城』、小説・ドラマ『陸王』の舞台にも成って有名です。 更には地場グルメ「ゼリーフライ」が名物です。

忍城:御三階櫓を背景に記念の集合写真

“第231回健康歩こう会8月例会「のぼうの城の舞台・行田巡り」の実施報告” の続きを読む

第230回例会 「両国・隅田川の花火を巡る」を実施しました

夏の風物詩の一つとして花火大会が各地区で実施されます。東京でも隅田川の花火をはじめとして各地で行われますが健康歩こう会第230回(2019年7月例会)は日本で最初に始まった隅田川の花火の歴史を訪ねるウォーキングを実施しました。このコースは、昨年7月例会として計画していましたが、昨年夏の異常な猛暑により、屋外での活動は危険との予報が出されたことから中止となったコースです。

隅田川花火大会の第2会場前でスカイツリーをバックに集合写真

“第230回例会 「両国・隅田川の花火を巡る」を実施しました” の続きを読む

6月例会「白金台」の今昔を巡る は中止しました

歩こう会会員の皆さま

6月15日に実施を予定しておりました、「白金台」の今昔を巡る  の例会は、低気圧の通過に伴う強雨、強風が予想されるという天気予報のため、実施を中止しました。

参加することを楽しみにされていた会員も多くいらっしゃるとは思いますが、天候には勝つことが出来ませんので、やむなく中止することを決断いたしました。

文章掲載    柿本政昭(3256)

第228回健康歩こう会5月例会「草加宿の街並みを巡る」の実施報告

健康歩こう会ではテーマを決めて、「参加してよかった、楽しかった、新しい発見があった、知らなかった所に行く事が出来た、感動した、」と思って頂けるコースを選んでいます。
新元号「令和元年」節目の5月例会は埼玉県の草加市を歩きました。草加市は埼玉県南東部に位置する24万人の市です。さいたま市、川口市、川越市、所沢市、越谷市に次いで県内第6位の人口を有する施行時特例市で、南側を東京都足立区と接します。草加松原や草加せんべいで知られています。1958年(昭和33年)市制施行により、草加市と成り、昨年11月1日に60周年を迎えました。

矢立橋(やたてばし)を背景に、5月例会記念集合写真

“第228回健康歩こう会5月例会「草加宿の街並みを巡る」の実施報告” の続きを読む

特別例会「豊洲市場見学」を実施しました

昨年10月に移転直前の築地市場の見学を実施しましたが、その際、「豊洲市場が出来たら豊洲にも見学に行きたい」との声が参加者から寄せられたことから、新装なった豊洲市場の見学を実施しました。

少しでも多くの会員に参加してほしいとの願いから、4月16日(火曜日)、4月22日(月曜日)の2回に分けて実施しました。
参加者は4月16日15名、4月22日14名。集合場所のゆりかもめ線「市場前」駅に集合しました。ともに快晴の天候でした。 “特別例会「豊洲市場見学」を実施しました” の続きを読む

第227回 「西郷どんゆかりの地を巡る」 例会を実施しました

いよいよ「平成」から「令和」になりました。日本にとってはまさに大きな節目の時ですが、平成最後の歩こう会例会を実施しましたので報告いたします。

西郷さんの前でみんなにっこり・・・  はい「チーズ」

昨年のNHK大河ドラマで放映された西郷隆盛(西郷どん=せごどん)も時代の節目を生きた一人です。西郷がいなければ明治維新は出来なかったといわれるくらい大きな足跡を残しましたが、4月の健康歩こう会ではその西郷どんが江戸・東京で活躍した現場を訪れます。
西郷どんが活躍したゆかりの地は江戸・東京にはたくさんあります。すべての場所を一日で歩くことはできませんので、今回は、主要な場所を選んで訪ねました。それでも歩く距離が長くなりますので、地下鉄を利用して歩きやすいコースにしました。
快晴にめぐまれた4月20日集合場所の浅草・吾妻橋たもとには、37名の元気な会員が集まりました。 “第227回 「西郷どんゆかりの地を巡る」 例会を実施しました” の続きを読む