第211回 赤穂浪士討ち入り後を歩く

赤穂浪士47名が吉良邸に討ち入り、目指す吉良上野介の首を打ち取ったのが12月14日(旧暦)だったことから数多くの映画・テレビドラマ・芝居などが12月に集中して上映されてきました。歩こう会12月例会は、12月16日の第3土曜日に実施しましたが、江戸時代の一日は夜明け時刻から始まりましたので、12月14日と言っても今の感覚から言えば12月15日の夜明け前ということになります。参加者一同赤穂浪士になりきろうと、赤穂浪士たちの足跡をたどってみるウォーキングです。

冬ばれの一日、JR錦糸町駅前に会員40名が集合しました。 “第211回 赤穂浪士討ち入り後を歩く” の続きを読む