第232回例会「お台場で最新科学を体験しよう」実施報告

健康歩こう会では参加して良かった、楽しかった、新しい発見があった、出来ない体験をすることが出来た、感動した。と思っていただけるコースを選んでいます。
9月例会は、レインボーブリッジを歩いて渡り、「お台場」という地域の名前にもなった、江戸幕府の「台場跡」を見学します。このあと、日本科学未来館で最新科学を体験していただくという日常生活を忘れて新たな体験をしていただくウォーキングをしました。

日本科学未来館前で集合写真

前日までの天気予報では、東京地方は雨になるとのことで、幹事一同、たいそう心配して、万が一の雨に対して、持ち込み弁当を許可してもらえる場所を探したりしました。しかし、朝方少しパラパラと降りましたが、集合場所に着いたら曇ってはおりましたが、雨は降っておらず、気温も暑くない、爽やかに感じるウォーキング日和となりました。
集合場所のゆりかもめ線「芝浦ふ頭」駅には、元気に23名の会員が集合しました。日本科学未来館の見学を楽しみにして、お孫さんを連れてこられた会員も居ました。今日は、日本科学未来館に入館した後、自由行動(流れ解散)となるため、次回以降の例会の案内も含めて柿本会長から先に説明がありました。

いよいよ、「芝浦ふ頭」駅からスタートです。歩くほどに、目の前に巨大なレインボーブリッジが迫ってきます。レインボーブリッジは2段構造になっており、上部には、首都高速道路があります。下部には、ゆりかもめの線路とともに一般道(臨港道路海岸青海線)があります。一般道のわきには、歩行者が通行できる歩道も設置されていますが参加者の中には、「ここが歩けるようになっているとは知らなかった。」と言いながら臨海部の景色を楽しみながらお台場方向に歩いてゆきます。
ところどころ、歩行者の休憩と展望を兼ねた、施設も設置されており、ゆっくり休憩しながらのウォーキングを楽しむことが出来ました。

レインボーブリッジを歩いている際、眼下に台場跡を2か所見ることが出来ますがこのうちの6号台場と言われる史跡は、立ち入り禁止となっています。もう一つの3号台場と呼ばれる史跡は、現在、台場公園として整備されていますので自由に見学することが出来ます。

幕末の嘉永六年、アメリカのペリーが浦賀に来航して日本に開国を迫りましたが、結論が出ず「来年また来る」と言って帰国してしまいます。翌年ペリーが黒船を率いて来日した際、江戸の近くまで入り込まれることを恐れて伊豆韮山の江川太郎左衛門の設計で、1年3か月の間に6基の台場が完成したとのことです。現在台場公園となっている三号台場は1辺が160mもある正方形ですが、このような大掛かりな施設を、1年3か月の短い間に6基も作り上げるのは、当時の江戸幕府はいかに黒船が怖かったのかを感じ取ることが出来ると思います。この6基以外にも未完成で終わった台場もあります。
また、この台場を守ったのは、先月歩こう会で訪問した「忍城」の侍たちでした。(先月、忍城をガイドしていただいた学芸員さんから説明がありました)

第3台場を見学した後、それぞれが持参した弁当で昼食タイムです。
お台場海浜公園の砂浜を見ながら、所々にあるベンチに座り昼食をとりました。歩こう会例会ではほとんどが、午後の集合となっており、昼食はそれぞれ済ませてから集合しますが、このように青い空の下で食べる食事もまたおいしく感じられます。

お台場海浜公園の目の前には砂浜が広がり波静かな入り江になっていますが、この場所で、オリンピックの「トライアスロン」競技が行われます。8月に実施された1年前のテストイベントでは、水質が悪く、水泳は中止となったとのニュースは記憶に新しいところです。

昼食が終わり、お台場海浜公園に集合した一行は日本科学未来館に向かいます。
お台場地区は、大きな建物が多く、すぐそこに見えている場所でも歩いたらなかなか到着しないことがありますが、ここから科学未来館までも歩いたら1時間以上かかります。

そこで今日は、再び、ゆりかもめを利用して日本科学未来館の最寄り駅「東京クルーズターミナル」駅まで行きます。
東京クルーズターミナル駅は、従来「船の科学館」駅と呼ばれていました。船の科学館は現在も近くにありますが、オリンピックまでには間に合わせようと、近くに大型客船のターミナル建設が進められています。客船は従来、日の出桟橋などに停泊する予定でしたが客船が大型化してレインボーブリッジの下を通過することが出来なくなっていることから、客船ターミナルを新たに建設しているものです。これに伴い、駅の名前も変更されました。

日本科学未来館では、たくさんの見どころがありますので参加者の皆さんは自由に見学していただけるよう、入場後自由解散としました。常設展だけでも見切れないくらいの展示がありますが、企画展では現在「マンモス展」を開催しています。永久凍土の中から発見された数々のマンモスなどの標本を冷凍のままで展示されています。中には、日本では初の公開となる展示物もあるとのことですが、会員の中には、マンモス展も見るという人も居ました。
皆さん、常設展、企画展を楽しんでそれぞれ帰路につかれたことと思います。

10月例会は「里山ガーデン&よこはま動物園ズーラシア」のウォーキングです。
10月12日 JR横浜線 「中山駅」  12時00分集合  です。
多くの会員の参加をお待ちしています。

当レポート  文章作成  柿本政昭(3256)
・      写真提供  北村卓士(3038)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください