NHK賞受賞

四季酩酊 第115回

酒坊

第31回NHK学園全国川柳大会が「くにたち市民芸術小ホール」で2月11日の日曜日に行われた。雪がふったり雨が降ったり、又、冷え込んだ天気の続く中、「建国記念の日」のこの日は予報通り穏やかな日差しに包まれた。

川柳大会の会場としては我が家からは一番近い。大抵は2時間近く掛かる。大きな大会だと一泊は必要だ。だからこの大会には毎年参加している。

課題の「熱」と「読む」をそれぞれ2句を句箋に書き終えて、昼食を買いに近くのスーパーに行く。藍屋・ジョナサン・ガスト・味の民芸などがあるが、暖かいので会場の前にある公園で食べることにして、おにぎりにメンチカツとワンカップにハイボールを買って戻ると、ベンチには港川柳会・天々会・めだかの学校の仲間が集まってきた。

投句締切は12時50分、開会は13時。まずは事前投句「雑詠」「リズム」「自由」の発表だが、入選者には1か月前に、入選通知がある。句に誤りがあるかどうかの確認である。佳作・秀作・特選とあるが、私は全没だった。休憩を挟んで当日投句の入選句の発表が続く。先ず西恵美子選「熱」の披講が、佳作40句・秀作7句・特選3句の順で行われる。「車座の酒が議論を熱くする」「熱視線浴びて恋の虜になる自信があったのに全没だった。

続いて、小林信二郎選「読む」の披講が始まった。「行間に痺れるほどの愛を読む」「風を読むことに疲れて里に棲む」佳作秀作と披講されない。あとは特選3句を残すのみとなった。その1句目に私の句が披講された。普通は名前だけだが一番後ろの席からフルネームで呼名した。

事前投句、当日投句の特選15句の中から選者の投票によって賞が決定する。9賞のうちの一つ「NHK賞」をいただくことができた。仲間3人が特選に選ばれ2人が受賞するというめでたい一日だった。立川駅に移動して祝杯をあげた。

特選 「読む」小林信二郎選

行間に痺れるほどの愛を読む  酒坊

 

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと9県

四季酩酊 第114回

沖縄唯一の清酒「黎明」

酒坊

川柳勉強会「めだかの学校」は月1回横浜で行っている。会員は7名だから、懇親会は気分によって変わる。ここ最近は「居酒屋・権太」だ。酒の肴が旨い。1月の懇親会もここだった。だいたい熱燗かハイボールなのでメニューは見ないがオーダーを終えたので、置いてある酒の種類を見た。全国の地酒が並んでいた。そこには沖縄の「黎明(れいめい)」があった。呑んでみたかったが、全国制覇はあくまでも家飲みである。

沖縄に日本酒の蔵は一か所しかなく、大量に造っていないので酒屋まで回らない。仕方がないのでインターネットで注文した。送料が酒代に匹敵した。

届いた「黎明」の箱書きに製法が書いてあった。沖縄での清酒づくりは暑さとの闘い。とあり「ご存知のように清酒は秋口から冬に仕込みます。しかし、年間の平均気温が20度前後ある沖縄では、逆にその環境を作らなければ清酒はできないのです。幾度かの試行を重ね『黎明』が誕生したのが30余年前のことです。仕込み樽、貯蔵タンクの周囲に冷水を回し、酒温度を15度以下に保つ。その製法は今でも当時のまま守り継がれています」と、泡盛しかできない風土の中での挑戦した日本酒でした。冷水とは地下水を汲み上げているのです。

味は、ほぼ想像した通りです。常温で呑んでみたが、アルコール臭はあるが、馥郁感はまるでない。灘の紙パックの酒と思って貰いたい。熱燗にしてみた。まあ呑める。少し冷めて来るとマシになってきた。やはり典型的な本醸造ですが、風土の異なる地で、灘の酒を造った努力には拍手を惜しみません。

壜のラベルに浮世絵はないなと思いましたが、観光に訪れる外国人のお土産に好評だそうです。

美ら海を思い浮かべて黎明を呑む  酒坊

 

【ご参考】
※銘柄名「本醸造 黎明」
※酒蔵「泰石酒造(沖縄県うるま市)」
※原料「米(麗峰)・米麹・醸造用アルコール」
※使用酵母「不明」
※精米歩合「70%」
※アルコール度数「15度~16度」
※日本酒度「+7.1」
※酸度「1.6」
※製造年月:2017.12.16

 

 

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと10県

四季酩酊 第113回

大分県「西の関」

酒坊

新しい年が明けてひと月が経とうとしている。川柳の句会には4回参加してそれなりの結果を得たが、残り少なくなってきた時間に焦りはある。心残りがもう一つあった。

四季酩酊第28回(2012.9)で家飲み全国制覇を誓ったが、遅々と進まない。進まないどころか、そっくり10県も残っている。気が付けば後期高齢者だ。酒坊というペンネー 続きを読む 日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと10県