たかが川柳されど川柳

四季酩酊 第135回

酒坊

川柳は学校で習わない、教えない。俳句は教科書に載っていて、芭蕉だ一茶だと馴染みがあるが川柳は昨今の「サラ川(サラリーマン川柳)」やテレビの「ペケポン」で市民権を得たほどの知名度だ。

・まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる
・うちの嫁 後ろ姿は フナッシー

まあ、10年前の私もこれが川柳だと思っていたのが、社友会に川柳同好会「とうりゅう会」が発足した。川柳なんか何も知らないのに会長になったので、近くの川柳結社に入り句会に参加し、川柳大会に参加し、Amazonで川柳の本を求めて学んだ。

初代柄井川柳から現在の16代尾藤川柳までに260年の歴史がある。4代目川柳から本道を外れた。「川柳」が「誹風狂句」になり、「柳風狂句」と名を変え、いわゆるバレ句と言われる駄洒落や下品な川柳が100年続いた。「狂句百年」の川柳の負債だ。この辺が俳句との雲泥の差になった。明治後半になり、剣花坊と久良伎が旗手となり、古川柳を踏まえながら「新川柳」を唱え、大正に入って6巨頭が活躍する。

・雨ぞ降る渋谷新宿孤独あり      三太郎
・二合では多いと二合飲んで寝る  周魚
・ぬぎすててうちが一番よいという   水府
・子の便り前田雀郎様とあり     雀郎
・電熱器にこっと笑うようにつき    紋太
・俺に似よ俺に似るなと子を思ひ   路郎

かの小説家吉川英治も同時代に川柳をやっていた。雉子郎(きじろう)の名で「貧しさもあまりの果は笑ひ合ひ」などと詠んでいる。溯れば、葛飾北斎も188句もの川柳を残している。「八の字のふんばり強し 夏の富士」北斎はバレ句(下ネタ)が多かったらしい。

さて酒坊の川柳は試行錯誤の連続である。年を追ってみる。

・言の葉を紡ぎいのちを謳いあげ   (2009年)
・デジタルが映らぬテレビただの箱  (2010年)
・陸橋で釣り糸垂れるソクラテス     (2011年)
・病気だと認識できぬ母に鈴       (2012年)
・人間って良いものだなあ晩ごはん   (2013年)
・熟練の腕に五感が加担する     (2014年)
・老人は下流に生きて好景気     (2015年)
・人生をおもろかったで終わりたい  (2016年)
・不甲斐無い自分の影を蹴り続け   (2017年)
・行間に痺れるほどの愛を読む     (2018年)
・七十代まだ窯変を疑わぬ       (2019年)

以上が変遷の句である。これらは幸いにも川柳大会で特選を戴いた句である。次第にのめり込み川柳バカになった。今、参加している川柳結社は、同人2、誌友2、勉強会2で忙しい。200人の大会で自分の句が披講されるゾクゾク感も自己陶酔で刺激がある。この高揚感は老人にとって大事だ。私にとっての川柳仲間は40年過ごした企業の仲間以上に心の交流がある。現役時代の話は皆無、東大出の人もいるが学歴は無視。勿論文芸に学歴はナンセンスだ。ただ文芸の趣味で競い合っているのが楽しい。

机上で作る川柳は「作り物」だ。言葉に執着しすぎる。小説は夜に書いていたが、川柳の傑作は夜には生れない。犬の散歩や電車移動の時に生れる。歩きスマホでなく、歩き川柳である。私の川柳は、17音字の中に物語を作ることである。
川柳という文芸に逢えてよかった。

『川柳は私の恋人、私の目標、私の生命。絶海の孤島に放り出されようと、私の心の在る限り私の川柳は存在する。(時実新子)』

一句の中に一篇の私小説   酒坊

ぶら下がり健康器

四季酩酊 第134回

酒坊

腹筋マシンを粗大ゴミで捨てた。俳優の宇梶がCMの「倒れるだけで腹筋」のあれである。腹囲が90㎝を超えて、スーツのズボンも喪服のズボンも合わなくなっていた。それで、楽々腹筋ができるならと飛び付いたが、CMお決まりの「個人の感想です」で、腹は凹まない。食事療法もしなければ、ぎったんばったん倒れるだけでは痩せないのだ。

「つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」と兼好法師ではないが、座卓で日暮し川柳を唸っていると、腰にくる。肩凝りも酷い。腹筋マシンを横目にみるしかない。

背丈が年々縮む。最長は167㎝あった。(孫は嘘だと言って信用しないが本当である。)9月の健康診断で計測したら、162㎝ちょっとしかない。「あごを引いて。」とおばちゃん看護師から注意を受けるが、猫背であごが引けない。

孫の運動会に行き余る時間に校庭を巡った。高低差のある鉄棒があった。懸垂が得意だったなと思い、手を掛けたが、1㎝も浮かない。ぶら下がっているだけでも大義だったが、降りて見ると体が楽だった。そういえば、40年位前に家にあった「ぶら下がり健康器」を思いだした。

さっそくパソコンでAmazonを開いた。懸垂なんて妄想だ。ただ、ぶら下がるだけでいい。あれこれ検討して注文した。腹筋マシンのあったところに、ぶら下がり健康器を置いて、気が向くとぶら下がった。20秒もぶら下がれなかったが、今はその倍は維持できる。朝起きると腰が痛い。机に向かっていると肩が凝る。ぶら下がると痛みが消える。

背丈が伸びるのを密かに期待している。

ぶら下がる ただそれだけの健康器   酒坊

 

青(はる)を嗅ぎにゆく

四季酩酊 第133回

酒坊

6月19日から6日間の予定で凾館に行ってきた。函館を凾館と書くのは僕がいた昭和40年前後には、凾館と言っていたからだ。いつ頃、簡易漢字になったかは定かではないが、僕には凾館に愛着がある。

毎年訪ねるのには理由がある。妻の故郷であり、義妹と義弟に会いに行くためだが、凾館をこよなく愛した僕の青春を嗅ぎに行くのが目的かも知れぬ。妻も義妹らもそれは承知で、自由行動を許してくれる。しかし、毎年行っていればノスタルジァも希薄になってくる。だから、十字街も松風町もぶらつかなくなった。

2日目の木曜日に渡島半島の東南端の恵山に出掛ける。恵山まで50㎞ほど。ホテルに入る前にパークゴルフを予定していた。腹ごしらえをして1時過ぎに「恵山シーサイドパークゴルフ場」に着いた。天気は上々。義妹は毎週のように競技を行っているので、クラブもボールも人数分ある。施設料は一般だと300円だが、凾館市在住で70歳以上であれば無料で一日中プレイができる。海峡・恵山コースを回り、もう一度海峡コースを回って、ホテル「恵風(けいぷ)」に向かった。恵山は活火山で温泉が出る。海岸には、誰でも入れる「水無海浜温泉」がある。
翌日は雨がしとしと降っていた。パークゴルフを諦めて街に戻った。

土曜日に凾館競馬に行く。2年前はオケラだった。リベンジである。凾館で結婚し、住まいは競馬場の近くだったので、ファンファーレの音が部屋まで聞こえてきた。メインの11R「大沼ステークス」だけで良かったのだが、逸る気持ちが4Rに間に合ってしまった。1万円だけ使うつもりだった11Rまで小さな金額で遊んだ。4Rから10Rまで3勝4敗で5,000円ほど凹んでいた。途中で馬場はやや重に変わった。11Rの馬連が当たり、昼食と帰りのタクシー代分だけ勝った。

もはや半世紀前の凾館では無くなっている。梅雨はあるし、クーラーも必要だ。駅前のデパートも無くなり、たくさんあった呑み屋の小路も無くなった。遊んだ店も女の子たちも幻になった。東京に帰ってみると気持ちは来年に向かっている。凾館に青を嗅ぎに...。

青春の彷徨 あれは蜃気楼   酒坊

 

家を塗る

四季酩酊 第131回

酒坊

前と左右の家が塗装した。後ろは畑だから新しい装いに囲まれてしまった。これまでもぽつぽつと塗り替えられているのを見たが、攻められて王手になった。18年前、山を崩して住宅街が形成され、国立市から移った。 続きを読む 家を塗る

国立の桜

四季酩酊 第130回

酒坊

今年の桜が頑張っている。東京は福岡と同じ4月21日に沖縄を除いて一番早く開花宣言がされた。4月までもたないと思っていたら、寒の戻りやらで頑張っている。入学式に間に合わせようと天の采配であろうか。 続きを読む 国立の桜

日本全土を呑み尽くす

四季酩酊 第128回

酒坊

平成30年の暮れも押し詰まってやっと鹿児島の日本酒を手に入れました。鹿児島では40年前に日本酒を造る蔵が閉鎖された。酒母を造る段階で低温の状態が必要であり、酒造りには温度管理が重要である。暖かい土地においてそれは非常に難しい。そうした中、生まれたのが焼酎である。 続きを読む 日本全土を呑み尽くす

失敗!鹿児島の酒ではなかった

四季酩酊 第127回

酒坊

『鹿児島初の日本酒 湧水町』の広告を見て取り寄せたが、届いた酒のラベルを見て失敗に気づいた。原料の米は、栗野町(2005年合併して湧水町)だが、伏流水も酒蔵も熊本県である。あくまで蔵元が基準なので、残念ながら今回の酒は熊本県になる。 続きを読む 失敗!鹿児島の酒ではなかった