めがねを誂える

四季酩酊 第132回

酒坊

しゃれたメガネが欲しい、という妻に付き添って、10連休の最終日(私は365連休だが)八王子のちょっと高級な眼鏡屋に出掛けた。

眼鏡の歴史は古い。小学6年で黒板が見づらくなり一番前に席を置かれ、中学でめがねを掛けはじめた。眼鏡に対する黒歴史は枚挙にいとまはない。ちょっと目を閉じて回想する。

学校で行われる検眼は屈辱だった。5メートルの位置で視力表の一番上が判別できない。「はい。前に行って。」目と視力表が1メートルで答える。0.01と言う宣告がなされた。表を暗記したこともあるが、差し棒の先端が見えないのだから無駄だった。笑い話にもならない屈辱である。プールの授業で困った。眼鏡を掛けて飛び込むわけにいかない。

高校の夏休みに、色気づいたのか、憎いメガネとオサラバと、コンタクトレンズを親にねだって作りに行った。出来たのを嵌めると目が痛い。高い金を出して貰ったのに痛すぎて数日で止めた。ハードで厚みもあったが、目の質も弱かったのである。

社会人になっても数えきれない。函館勤務の冬の夜、泥酔して転んでメガネを飛ばした。雪が降っていた。0.01の視力ではだんだん積る新雪に探すのは不可能だった。横浜か川崎勤務の頃、社員の家族たちと海水浴に行った。海を見て、「わあー海だ」とはしゃいで走って行ったら大波が来て、メガネを波にさらわれた。探せるわけがない。車で来ていたので仲間の社員に運転して貰い、帰途についた。この時は長男も一緒だった。

近眼ほど不便なものはない。

妻について行くだけの眼鏡屋であったが、読書用・パソコン用を買ってしまった。それ用もあるにはあったが、見えにくくなっていた。近視と老眼とのバランスが変わっている。特に本の字が読めない。家では裸眼で見ていたが。移動の電車の中で無様な姿を見せたくはない。だから、読書量がめっきり減った。というよりも、皆無に近い。

これからは、本をさくさく読めるのでうきうきしている。

めがねは友達   厄介なともだち   酒坊

家を塗る

四季酩酊 第131回

酒坊

前と左右の家が塗装した。後ろは畑だから新しい装いに囲まれてしまった。これまでもぽつぽつと塗り替えられているのを見たが、攻められて王手になった。18年前、山を崩して住宅街が形成され、国立市から移った。 続きを読む 家を塗る

国立の桜

四季酩酊 第130回

酒坊

今年の桜が頑張っている。東京は福岡と同じ4月21日に沖縄を除いて一番早く開花宣言がされた。4月までもたないと思っていたら、寒の戻りやらで頑張っている。入学式に間に合わせようと天の采配であろうか。 続きを読む 国立の桜

日本全土を呑み尽くす

四季酩酊 第128回

酒坊

平成30年の暮れも押し詰まってやっと鹿児島の日本酒を手に入れました。鹿児島では40年前に日本酒を造る蔵が閉鎖された。酒母を造る段階で低温の状態が必要であり、酒造りには温度管理が重要である。暖かい土地においてそれは非常に難しい。そうした中、生まれたのが焼酎である。 続きを読む 日本全土を呑み尽くす

失敗!鹿児島の酒ではなかった

四季酩酊 第127回

酒坊

『鹿児島初の日本酒 湧水町』の広告を見て取り寄せたが、届いた酒のラベルを見て失敗に気づいた。原料の米は、栗野町(2005年合併して湧水町)だが、伏流水も酒蔵も熊本県である。あくまで蔵元が基準なので、残念ながら今回の酒は熊本県になる。 続きを読む 失敗!鹿児島の酒ではなかった