後期高齢者になりました

四季酩酊 第120回

酒坊

4月生まれの私は75歳になった。

さっそく「後期高齢者医療被保険者証」が「東京都後期高齢者医療広域連合」から届いた。いままでは「国民健康保険高齢受給者証」と「国民健康保険被保険者証」の2枚を所持していた。これがあたかも便利になったでしょうと言わぬばかりに「この保険証1枚で医療機関等を受診できます」と太字で強調していた。

後期高齢」嫌な呼称である。繊細な言語を持つ日本人としては優しさが全く感じられない言葉である。

もともとは人口学や老年学の学術専門用語で、75歳以上を「後期高齢者」、65歳から74歳までを「前期高齢者」と区別していたが、2006年に「高齢者の医療の確保に関する法律」(高齢者医療確保法)が成立し、2008年4月から75歳以上を切り離した独立の健康保険制度「後期高齢者医療制度」が発足した。しかし後期高齢者という名称には、「75歳以上を切り離すのは差別的」「現代の姥(うば)捨て山」であるといった批判が強い。そのため、後期高齢者医療制度の名称については、「長寿医療制度」という通称名を使用することもある。(日本大百科全書)

後期高齢者。唾棄すべき言葉だ。朝日新聞の「天声人語」で「この名前を聞くと、ついに年齢の断崖に追い詰められた感、がする」という。頭でっかちのユーモアもセンスも無い厚生労働省のやることだ。年金問題しかり、もっと国民に向かった仕事をして下さい。

ちなみに当時の福田総理は「長寿医療制度」を押していたらしい。巷では「熟年」「壮年」などの提案もあったという。「やすらぎ医療制度」なんかもいいんじゃないか。

いやだなあ 後期高齢者保険証が届く  酒坊