uehara のすべての投稿

日本全土を呑み尽くす

四季酩酊 第128回

酒坊

平成30年の暮れも押し詰まってやっと鹿児島の日本酒を手に入れました。鹿児島では40年前に日本酒を造る蔵が閉鎖された。酒母を造る段階で低温の状態が必要であり、酒造りには温度管理が重要である。暖かい土地においてそれは非常に難しい。そうした中、生まれたのが焼酎である。

清酒の製造再開の理由は、焼酎にあった。新たな焼酎造りの為に濱田酒造は金山蔵で清酒を作り始めた。女性杜氏が中部地方の蔵元まで出向き、修行を重ね薩摩の清酒を造り上げたのだ。

「金山蔵」で日本酒を造っているが、濱田酒造には他に2つの蔵がある。「伝兵衛蔵」と「傳蔵院蔵」で傳蔵院蔵の芋焼酎「海堂」や「隠し蔵」は飲んだことがあった。

薩摩藩を支えた金・銀を採掘した串木野鉱山の坑道を利用して熟成させている。この坑道は延べ120㎞にも亘るという。

冷やで呑んだ。色は無色透明。口に含むと奥に酸味と渋味が広がる。呑み込むと甘味を感じる。九州の酒でこれは上出来だと思う。どこの伏流水を使っているのか解からないが、仕込みの水がうまく合っているのかも知れない。

これで47都道府県の日本酒の家呑みが達成しました。これからは、自分に合った酒で旨い肴でちびりちびりとひとり酒を楽しみたいと思います。

西郷どんに呑ませたかった純米酒  酒坊

 

【ご参考】
※銘柄名「純米 薩州正宗」生貯蔵酒
※酒蔵「薩摩金山蔵株式会社・鹿児島県いちき串木野市野下」
※原料「米(国産)・米麹(国産)」
※精米歩合「70%」
※アルコール度数「15度」
※製造年月:2018.11

失敗!鹿児島の酒ではなかった

四季酩酊 第127回

酒坊

『鹿児島初の日本酒 湧水町』の広告を見て取り寄せたが、届いた酒のラベルを見て失敗に気づいた。原料の米は、栗野町(2005年合併して湧水町)だが、伏流水も酒蔵も熊本県である。あくまで蔵元が基準なので、残念ながら今回の酒は熊本県になる。

呑んだ評価は、「美少年」などの日本酒を幾多も輩出している熊本県の歴史ある酒蔵だけあって、日本酒通でも九州の酒とは解からないと思う。

折角なので呑んだ感想をお伝えします。

 

右 棚田米純米酒・幸寿
度数15%、精米60%の純米酒なので、それなりにさらっとして飲み易い。悪くはない。

左・中 赤米酒・朱粋(しゅすい)
色は全く赤ワインだ。味はロゼに近い。口当たりが良いので妻も美味しそうに飲んだ。

 

【瓶のラベルより】

赤米酒・朱粋(しゅすい)
霧島山麓湧水天然酵母仕込み
アルコール15%
この赤米酒は、栗野町で栽培した赤米、黒米、ヒノヒカリで醸造した日本酒です。赤ワインのような色で甘酸っぱく女性にも大変飲み易く仕上がりました。

棚田米純米酒・幸寿
霧島山麓湧水天然酵母仕込み
アルコール15% 精米歩合60%
このお酒「幸寿」は「鹿児島県初の日本酒」です。真心込めた素晴らしい栗野の味をお召し上がりください。「幸寿」の「幸」は幸田の「幸」せの田んぼから作られた米からできたもので「寿」は初酒の門出を祝うということで名付けました。

技術開発 東京農業大学
製   造  元 亀萬酒造合資会社
熊本県葦北郡津奈木町

年の瀬に無駄買いして叱られる 酒坊

宮崎県を呑み比べ

四季酩酊 第126回

酒坊

秋も深まり、日本酒愛好家の季節になった。
あと2県を残し、6月で途絶えた「家呑み全国制覇」の再開である。

宮崎県は言わずと知れた焼酎王国であるが一説によると、宮崎が日本酒発祥の地ともいわれている。天孫降臨の高千穂辺りで作られたのか?。そういえば「天孫降臨」という芋焼酎が宮崎県にはある。

焼酎の蔵元は42軒もあり、出荷量は日本一である。ざっと思い浮かべただけで、「百年の孤独・雲海・黒霧島・天孫降臨・山ねこ・喜六・大河の一滴・中々」と呑んでいる。麦焼酎の「百年の孤独」は一万円もするが人気だ。

さて、日本酒だが焼酎の42蔵に対して2蔵しか造っていない。東京に回ってこない筈だ。
アンテナショップを覗いてみようと思ったが、ふるさとチョイスを検索したら有ったので、注文してみた。

全国制覇も鹿児島県を残すのみとなった。今年中には達成する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千徳酒造株式会社(宮崎県延岡市大瀬町)

左から

千徳・純米酒 ・精米歩合 60% ・アルコール分15度
すっきりとした純米酒。淡い甘さが口の中に広がる。

恋のしずく・純米大吟醸 ・精米歩合50% ・アルコール分12度
純米と純米大吟醸の差は飲み口だろう。喉に引っ掛からない。

にごり酒・袋搾り ・アルコール分15度
癖も無く普通に飲み易い。

生貯蔵酒 ・アルコール分12度
生酒を出荷直前に加熱している。12度の軽さも加齢には良いのかも知れないが、酔いが回らない分、呑みすぎに注意だ。

さらさらにごり酒 ・アルコール分12度
12度だから、さらさらにごり、なのか。入浴剤のにごりのように薄い。麹の沈殿した19度のにごりを愛する者には物足りない。

高千穂の酒は太古の骨を呼ぶ 酒坊

 

ドライブレコーダーを付けました

四季酩酊 第123回

酒坊

それまで気にも留めなかったが、意識し始めたのは「あおり運転」の事故からだった。それでも、去年の春から遠出を止めていたので、必要ないと思っていた。それが、元モーニング娘の事故である。後日、放送されたドライブレコーダーの映像の鮮明さに驚き、欲しいと思った。スーパーに行く時に巻き添えになるかも知れない。 続きを読む ドライブレコーダーを付けました