uehara のすべての投稿

宮崎県を呑み比べ

四季酩酊 第126回

酒坊

秋も深まり、日本酒愛好家の季節になった。
あと2県を残し、6月で途絶えた「家呑み全国制覇」の再開である。

宮崎県は言わずと知れた焼酎王国であるが一説によると、宮崎が日本酒発祥の地ともいわれている。天孫降臨の高千穂辺りで作られたのか?。そういえば「天孫降臨」という芋焼酎が宮崎県にはある。

焼酎の蔵元は42軒もあり、出荷量は日本一である。ざっと思い浮かべただけで、「百年の孤独・雲海・黒霧島・天孫降臨・山ねこ・喜六・大河の一滴・中々」と呑んでいる。麦焼酎の「百年の孤独」は一万円もするが人気だ。

さて、日本酒だが焼酎の42蔵に対して2蔵しか造っていない。東京に回ってこない筈だ。
アンテナショップを覗いてみようと思ったが、ふるさとチョイスを検索したら有ったので、注文してみた。

全国制覇も鹿児島県を残すのみとなった。今年中には達成する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千徳酒造株式会社(宮崎県延岡市大瀬町)

左から

千徳・純米酒 ・精米歩合 60% ・アルコール分15度
すっきりとした純米酒。淡い甘さが口の中に広がる。

恋のしずく・純米大吟醸 ・精米歩合50% ・アルコール分12度
純米と純米大吟醸の差は飲み口だろう。喉に引っ掛からない。

にごり酒・袋搾り ・アルコール分15度
癖も無く普通に飲み易い。

生貯蔵酒 ・アルコール分12度
生酒を出荷直前に加熱している。12度の軽さも加齢には良いのかも知れないが、酔いが回らない分、呑みすぎに注意だ。

さらさらにごり酒 ・アルコール分12度
12度だから、さらさらにごり、なのか。入浴剤のにごりのように薄い。麹の沈殿した19度のにごりを愛する者には物足りない。

高千穂の酒は太古の骨を呼ぶ 酒坊

 

文化祭川柳大会

四季酩酊 第125回

酒坊

言い古された言葉であるが「芸術の秋」である。

とうりゅう会の山口早苗講師が選を務める「平成30年度文化祭川柳大会」に参加した。会場は浅草の花やしきや浅草寺の裏手の、言問通りにある「雷5656(ゴロゴロ)会館」だ。言わずと知れた「雷おこし」の常盤堂の建物だ。地下鉄を降りて雷門まで来ると、雑踏で早歩きができない。11月11日の日曜日の10時半だ。仲見世商店街を通っていたら遅くなるので、横道を急いだ。

5656会館の名前は知っていたが見るのも入るのも初めてだった。社史によると、昭和61年開店とあるからまだ31年の歴史か。外観は御殿風で面白いが中の老朽化が酷い。エレベーターが分からず、2階までしかエスカレーターは動いていない。2階から階段を利用して5階の「ときわホール」に辿り着いた。

会場に着いて驚いたのは主催の川柳人協会の竹本瓢太郎代表が、11月5日に逝去されていた。12日が85歳の誕生日を迎える筈だった。長身で飄々とした川柳人の遺影に、手を合わせ、句箋を投句箱に入れた。

入選句は『巡る』(木﨑栄昇選)「やがて来る終活の日の息づかい」「残された巡る季節を抱きしめる」、『模様』(加藤ゆみ子選)「猥雑に愛の絡んだコンコース」、『柔らかい』(大野征子選)「耳たぶに触れているうち眠くなる」「しなやかに男かわして行くおんな」、『力量』(西潟賢一郎選)「風船ほどの力量で生きている」

25日には「川越川柳大会」が待っている。

柔らかな言葉で本音ついてくる 酒坊

 

ドライブレコーダーを付けました

四季酩酊 第123回

酒坊

それまで気にも留めなかったが、意識し始めたのは「あおり運転」の事故からだった。それでも、去年の春から遠出を止めていたので、必要ないと思っていた。それが、元モーニング娘の事故である。後日、放送されたドライブレコーダーの映像の鮮明さに驚き、欲しいと思った。スーパーに行く時に巻き添えになるかも知れない。 続きを読む ドライブレコーダーを付けました

後期高齢者になりました

四季酩酊 第120回

酒坊

4月生まれの私は75歳になった。

さっそく「後期高齢者医療被保険者証」が「東京都後期高齢者医療広域連合」から届いた。いままでは「国民健康保険高齢受給者証」と「国民健康保険被保険者証」の2枚を所持していた。これがあたかも便利になったでしょうと言わぬばかりに「この保険証1枚で医療機関等を受診できます」と太字で強調していた。 続きを読む 後期高齢者になりました