カテゴリー別アーカイブ: Essay

10周年記念誌上川柳大会 結果発表

とうりゅう会 10周年記念川柳大会 入賞句

投句者37名 投句数73句 4人共選


第一位
踊り場で息を切らしている節目     今田和宏(大阪)
第二位
定年の日から上座に妻が居る      田部和幸(大阪)
第二位
水団を煮ている母の終戦日       山口早苗(東京)
第四位
禁煙へ三日の峠越えられず       宅和芳美(東北)
第五位
友が減る三年毎のクラス会       坂田和俊(東北)
第六位
棘抜いてスローライフとなる節目    今田和宏(大阪)
第六位
句読点打って人生やり直す       前川 淳(大阪)
第八位
美しい嘘もつきますほぼ大人      島田誠一(大阪)
第八位
母命日合わせたように咲いたユリ   木津和勝彦(大阪)
第十位
金婚へもつれほぐして辿り着く     成田征二(東京)
第十位
十年を五年日記に替える喜寿      小松唯道(東京)
第十位
人生最後の節目に響くクラクション  古手川 光(大阪)
第十位
癌の寛解にノンアルで乾杯       上原 稔(東京)

【注】東京(とうりゅう会) 大阪(そうりゅう会) 東北(ほくりゅう会)


※ 残念ながら合計点では入賞を逃しましたが、とうりゅう会の会員の句が三才で選ばれました。
(選の位付には上位から、三才・5客・秀作とあります。更に3才には上から天・地・人と区別されます)

丸山芳夫 選
天位 俺の節目ふしめに神がおりてきた   嶋 義之
地位 自分史に節目ばかりが威張り居り   成井 実

2018.7.12                                                                 とうりゅう会 上原 稔

リニア新幹線が現実に!!

成田征二

凡そ10年前から研究が続いている、次世代の超特急「リニアモーターカー」の開通が近づいて参りました。
今の計画では、2027年に 「品川」と「名古屋」の間で、開通が実現する予定のようです。しかし、たま~にTVのニュースで話題を聞く程度のことで、現実性がなかなか見えてこないですよね。

ところがです。 私の自宅(川崎市)から2~3Km先の、JR貨物の操作場の辺りに、突如、巨大なクレーンが5本出現しました。

あれは何だ ??   これが何と、リニアに関係があったのです。
リニアは各県に一つの駅を造るそうですが、神奈川県は、相模原市の「橋本駅」周辺に決まったそうです。
地下40mにトンネルを掘り、そこをリニアが走行するとのことですが、トンネルを掘る過程で出てくる土を、地上に運び出すための排出口を作っているのだそうです。 と言うことは、私の自宅の近くの地下をリニアが走行するのですね。
まだまだ先の事ですが楽しみです。
もっとも2027年と言えば、私が米寿を迎える年です。・・・・微妙 ???

とうりゅう会10周年記念特別企画

社友会東京支部の皆さま

とうりゅう会(川柳同好会)が皆様に支えられながら、今年で10年を迎えることができました。これを機に更なる活動と皆様との絆を深めていきたく、「とうりゅう会10周年記念誌上川柳大会」を企画いたしました。
大阪本部(そうりゅう会)・東北支部(ほくりゅう会)の協賛と参加の川柳大会になります。
サラリーマン川柳やボケ川柳などで興味を抱いている方も多いかと思いますが、是非、1句ひねって参加してみてください。

指五本575のためにある  俊秀

【参考】
・友だちが転勤のたび増えてゆく
・左遷辞令も勤めの節目乱すまい
・60を節目と思う身だしなみ

とうりゅう会10周年記念誌上川柳大会

課  題: 「節目」一人2句以内 (1句でも結構です)
投句期間: 6月1日~6月30日
選  考: 4人共選

菊地良雄 氏(番傘本社)
丸山芳夫 氏(川柳研究社)
川名洋子 氏(川柳塔社)
山口早苗 氏(当会講師・ふあうすと川柳社)

表  彰: 上位10位まで呈賞いたします
発  表: 7月中頃に東京支部のHPに掲載します
投  句  先: とうりゅう会幹事 成田征二

Mail  se-narita@nifty.com
Fax    044-865-1210
形式は自由。会員№と氏名をご記入ください         ・メールの件名は「誌上大会」としてください

 

2018.6.1

とうりゅう会 会長 上原 稔(酒坊)

 

病床お笑い日記

房総の小結

十数年前の定年後すぐに大腸の開腹手術を行いました、その翌年には急に腸閉塞に陥り救急車で運ばれ緊急手術となり、前年と同じ個所の開腹手術を行い二度の腹切りでした。術後の長い間の断食(点滴のみ)やリハビリで大変な苦痛だったのを思い出します。入院中は毎日欠かさず来てくれていた妻に、寝てばっかりだと回復が遅れると半ば強制的にリハビリをやらされていました。小松①お蔭で術後は順調に回復する事が出来て現在に至っています。 続きを読む 病床お笑い日記