「Essay」カテゴリーアーカイブ

小堺淑夫様の死を悼む

私が小堺さんにお会いしたのは、1998年に私が社友会に入会した年でした。 その頃は先輩方のご努力で、東京支部が結成されて5年目でしたので、未だ会員数も100人程度で、社友会の活動もあまり活発ではない頃でした。

当時は世間でも、ようやくパソコンが普及しだした頃であり、会員間のコミュニケーションも、未だ電話での連絡網で行われていました。

当時の松野支部長の「これからは会員が急激に増える筈だから、何とか情報の伝達方法を考えてくれ」とのご意向を受け、メールでの連絡網づくりを模索していましたので、会員の中でそういった知識をお持ちの方を捜したところ、小堺さんが浮かび上がってきたのです。

早速会社にお願いし、市ヶ谷のパソコン教室をお借りして、e-mailに絞った講習会を、小堺さんに講師をお願いして実施しました。

後に分かったことですが、小堺さんは独学でパソコンを勉強されたそうで、当時は得難い存在でした。

それから数年後、今度は東京支部のホームページを立ちあげて頂き、その後、渡邉さん → 増本さんと引き継がれていますが、メンバーサロン等、ホームページの骨子は変わらずに引き継がれています。

プライベートの生活では、テニスを愛されており、90歳まで現役を続けられたそうです。いつも「にこにこ」、テニスのお話を楽しそうに語られていたお顔が、今も忘れられない想い出となってしましました。

貴方がお作りになった東京支部のITシステムを、後輩が引き継いで参りますので、ごゆっくりお休みください。

小堺淑夫様、心よりご冥福をお祈りいたします。 合掌!!

1313 成田征二

 

病床お笑い日記

房総の小結

十数年前の定年後すぐに大腸の開腹手術を行いました、その翌年には急に腸閉塞に陥り救急車で運ばれ緊急手術となり、前年と同じ個所の開腹手術を行い二度の腹切りでした。術後の長い間の断食(点滴のみ)やリハビリで大変な苦痛だったのを思い出します。入院中は毎日欠かさず来てくれていた妻に、寝てばっかりだと回復が遅れると半ば強制的にリハビリをやらされていました。小松①お蔭で術後は順調に回復する事が出来て現在に至っています。 続きを読む 病床お笑い日記