カテゴリー別アーカイブ: Essay

とうりゅう会10周年記念特別企画

社友会東京支部の皆さま

とうりゅう会(川柳同好会)が皆様に支えられながら、今年で10年を迎えることができました。これを機に更なる活動と皆様との絆を深めていきたく、「とうりゅう会10周年記念誌上川柳大会」を企画いたしました。
大阪本部(そうりゅう会)・東北支部(ほくりゅう会)の協賛と参加の川柳大会になります。
サラリーマン川柳やボケ川柳などで興味を抱いている方も多いかと思いますが、是非、1句ひねって参加してみてください。

指五本575のためにある  俊秀

【参考】
・友だちが転勤のたび増えてゆく
・左遷辞令も勤めの節目乱すまい
・60を節目と思う身だしなみ

とうりゅう会10周年記念誌上川柳大会

課  題: 「節目」一人2句以内 (1句でも結構です)
投句期間: 6月1日~6月30日
選  考: 4人共選

菊地良雄 氏(番傘本社)
丸山芳夫 氏(川柳研究社)
川名洋子 氏(川柳塔社)
山口早苗 氏(当会講師・ふあうすと川柳社)

表  彰: 上位10位まで呈賞いたします
発  表: 7月中頃に東京支部のHPに掲載します
投  句  先: とうりゅう会幹事 成田征二

Mail  se-narita@nifty.com
Fax    044-865-1210
形式は自由。会員№と氏名をご記入ください         ・メールの件名は「誌上大会」としてください

 

2018.6.1

とうりゅう会 会長 上原 稔(酒坊)

 

病床お笑い日記

房総の小結

十数年前の定年後すぐに大腸の開腹手術を行いました、その翌年には急に腸閉塞に陥り救急車で運ばれ緊急手術となり、前年と同じ個所の開腹手術を行い二度の腹切りでした。術後の長い間の断食(点滴のみ)やリハビリで大変な苦痛だったのを思い出します。入院中は毎日欠かさず来てくれていた妻に、寝てばっかりだと回復が遅れると半ば強制的にリハビリをやらされていました。小松①お蔭で術後は順調に回復する事が出来て現在に至っています。 続きを読む 病床お笑い日記