カテゴリー別アーカイブ: 四季酩酊

徳島の鳴門鯛を呑む

四季酩酊 第122回

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと2県

酒坊

徳島県の日本酒ランキングの1位が「鳴門鯛(なるとたい)」である。2位以下は「三芳菊」「旭若松」「御殿桜」「芳水」と続く。運よく鳴門鯛を手に入れた。

壜にラベルがぶら下がっていた。『〈純米酒部門№1〉最高金賞受賞した「水ト米」が更なる美味しさを追求して原酒で新登場 』と謳っている。№1とか金賞受賞はいくらでもある。惹かれたのは「原酒」だ。アルコール度数の高い日本酒を好む私にとって「原酒」の響きを捨てては置けない。手に取って見ると期待を外された。何と、アルコール度数は「14度以上15度未満」と原酒にあるまじき数字だ。興味が沸いた。

6月18日、早朝から大変なニュースが届いた。大阪北部を震源とする地震だ。被害の情報が無いので他のニュースを見たいと思っていたが、どの局も局内や定点カメラを映しだしていた。9時を過ぎるころになるとヘリコプターが出動して、細かい情報が届くようになった。災害は時間経過とともに酷くなる。火災が起き、水道管が破裂し、ガラスが割れ、屋根瓦が落ち、死者の情報が入る。9歳と80歳と85歳の幼い命と高齢者の命が犠牲になった。(18日午後5時現在)阪神淡路大震災の時、大阪勤務だった。東北地震の時は、アルバイト先の溝の口から22キロ歩いた。同じように延々と歩く姿がテレビにあった。

「水ト米」は高を括っていたが、良い方へ期待を外された。一口飲んでみると、すーっと喉を通った。さっぱりしていて、こんな原酒は初めてだった。精米歩合が65%なのに、このさっぱり感は何なんだろう。米の味がしない。良い酒に巡り合った。

全国制覇まであと九州の2県宮崎・鹿児島になった。

村の数ほど日本酒はある すごい  酒坊

 

【ご参考】
※銘柄名「ナルトタイ純米原酒・水ト水」
※酒蔵「株式会社松浦酒造場・徳島県鳴門市大麻町池谷」
※原料「米(国産)・米麹(国産)」
※精米歩合「65%」
※アルコール度数「14度以上15度未満」
※製造年月:2017.12.04

後期高齢者になりました

四季酩酊 第120回

酒坊

4月生まれの私は75歳になった。

さっそく「後期高齢者医療被保険者証」が「東京都後期高齢者医療広域連合」から届いた。いままでは「国民健康保険高齢受給者証」と「国民健康保険被保険者証」の2枚を所持していた。これがあたかも便利になったでしょうと言わぬばかりに「この保険証1枚で医療機関等を受診できます」と太字で強調していた。 続きを読む 後期高齢者になりました

上野公園花見酒

四季酩酊 第119回

香川県の酒「金陵(きんりょう)」

酒坊

あと何年花見ができるのか。思うとすこし悲しくなる。そこで、花見は毎年違う場所に行く事にしている。無職はありがたいことに、混雑の日曜日に行かなくてもいい。3月26日の月曜日に上野公園へ出掛けた。気温18℃ 、いい塩梅である。 続きを読む 上野公園花見酒

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと7県

 

四季酩酊 第117回

神奈川県の酒「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」

酒坊

迂闊にも神奈川県の日本酒のラベルがない。

函館の7年間の勤務を終え、妻と長女を伴い、内地に戻ってきた。茅ヶ崎を皮切りに、横浜、川崎と10年間を神奈川県の住民として生活した。だから、自宅で神奈川の酒を一滴も呑まなかったとは考え難いが、ラベルが無いのだから仕方がない。 続きを読む 日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと7県

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと9県

四季酩酊 第114回

沖縄唯一の清酒「黎明」

酒坊

川柳勉強会「めだかの学校」は月1回横浜で行っている。会員は7名だから、懇親会は気分によって変わる。ここ最近は「居酒屋・権太」だ。酒の肴が旨い。1月の懇親会もここだった。だいたい熱燗かハイボールなのでメニューは見ないがオーダーを終えたので、置いてある酒の種類を見た。全国の地酒が並んでいた。そこには沖縄の「黎明(れいめい)」があった。 続きを読む 日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと9県

日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと10県

四季酩酊 第113回

大分県「西の関」

酒坊

新しい年が明けてひと月が経とうとしている。川柳の句会には4回参加してそれなりの結果を得たが、残り少なくなってきた時間に焦りはある。心残りがもう一つあった。

四季酩酊第28回(2012.9)で家飲み全国制覇を誓ったが、遅々と進まない。進まないどころか、そっくり10県も残っている。気が付けば後期高齢者だ。酒坊というペンネー 続きを読む 日本酒家飲み全国制覇へ・・・あと10県