ライバルは去年の自分

6512 武田隆一


私は2015年9月のシャープ早期退職後、2016年の4月から50歳以上限定のシニア大学である池袋の立教セカンドステージ大学に2年間通い、同時に始めた平日午前中の港区のマンション管理員の仕事は今年で早3年になります。
この時からすでに自称「2毛作ライフ」をおくっていましたが、2017年末にシニア大学の友人に誘われてサックスの「情熱大陸」の生演奏を聴いて感動し、自分でも吹いてみたいとヤマハのアルトサックスを買って2018年の1月より週1回、ヤマハのサックスレッスンに通い始めました。
サックスは吹く時に腹式呼吸を使います。それとキイ操作に指を使うので、吹くたびに心肺機能と脳の両方が刺激され、老化予防になります。
もうひとつ、サックスと同時に始めたのがスポーツ吹き矢です。
こちらは2016年4月に社友会会員になった時のガイダンスで「スポーツ吹き矢同好会」があることは知っていましたが、まさしくサックスと同じ腹式呼吸を使うので、サックスを始めたのと同じタイミングの2018年1月より加入して、それ以来月1回の練習に参加しております。
今やサックスとスポーツ吹き矢は還暦をすぎてからの健康維持のための2大「吹き」趣味となりましたが、サックスはまったく楽譜を読めなかった私でも本格的に始めてから1年後の今では、知ってる曲であれば楽譜があればとりあえずは吹けるようになりました。
またスポーツ吹き矢は、同好会の先輩方々のご指導のおかげで昨年12月に初段に合格し、現在は2段に挑戦するべく練習に励んでおります。
同好会ではもうひとつ「健康歩こう会」にも所属しており、行ったことのない史跡や施設を歩く度に新しい刺激をもらっております。
Facebookの自己紹介にも書いておりますが、私の信条は「ライバルは去年の自分」です。
会員の皆様も去年の自分を超えるべく、今年は好きな同好会に加入して1年後の自分の進化を実感されてはいかがでしょうか。私も、まさに「1年間継続は力なり」を実感している今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL