谷津干潟の自然保護活動への参加

2016年6月5日(日),社会貢献活動の一環として千葉県習志野市の『谷津干潟』(ラムサール条約認定の湿地帯)の環境保全活動に参加しました。
この活動は毎年春と秋の2回全社活動SGC(シャープグリーンクラブ)が行っており、社友会東京支部からの参加は今回で9回目となります。

今回は谷津干潟自然観察センター主催のイベント『谷津干潟の日フェスタ』の中で谷津干潟市民クリーン作戦として周辺の企業、大学、住民 約300名(内、シャープグループ38名)が参加しました。
活動としては東京湾の潮の干満で干潟に流れ着いたゴミの収集や大量に異常発生している海藻の『アオサ』を集める作業でした。
DSCF0395特に『アオサ』が大量発生して水面を覆うと海水が酸素不足となり、野鳥の休息地としての干潟で餌となるカニや小魚、貝類の生育に有害となるため環境の改善が急がれるとのことでした。

作業は順調に進み、休憩を挟んで90分で終了、提供された幕の内弁当を食べて解散となりました。
DSCF0398
★今回参加いただいた方々(敬称略、順不同)
成田征二、沼 秀伸、吉田 勲、吉田富夫、石井良和、北村卓士、日下部徹夫、矢田英雄(記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です