第217回 執行役員会レポート2018-10

・日 時  2018年10月2日(火) 15:30~17:30
・場 所  シャープ幕張ビル内・社友会事務所
・メンバー 沼支部長、成田顧問、全執行役員(新里 欠席)

今回は、大地震、台風など自然災害による被害で会員の安否が気遣われる場合について、支部としての危機管理体制について審議しました。

[ 支部長挨拶 ]
① 9月6日発生の北海道胆振東部地震について、支部内での情報収集不足により会員の安否等々の確    認に時間を要した。危機管理体制が必要である。
② 各ブロックのイベント参加者が不況であり動員策等講じる必要がある。

[ 議 事 ]
●中村会計より
①ブロック活動強化費を半額支給したので有効な活用と管理をお願いしたい。
②小払いにて事務用品等々のまとめ買いを検討したい(封筒、インクリボン、厚紙ets)
●広報委員会より
①25周年記念事業について、役員会の意向を受け更なる内容の充実を図るべく審議の経過報告が         ありました。
②各ブロックの31年年賀会開催計画の状況について報告がありました。
第1:1月26日(土)会場検討中  第2:1月26日(土)会場検討中
第3:1月13日(日)会場 魚鮮  第4:会場 幕張ビルで検討中
③緊急事態発生時対応管理についての提案がありました。
危機管理体制マニュアルの骨子について審議を行いました。
●各行事の案内と自動集計システムの項目の変更、追加の検討を行いました。

[会員情報]  9月末 現在
●会員数       638名
●STML登録者数     529名
●緊急連絡網 携帯    65名
●緊急連絡網 FAX     19名
●同好会加入数    325名(延べ人数)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください